失敗しない工務店選びのポイント

失敗しない家づくりを行うために重要になる業者選び。

 

工務店、ハウスメーカーそれぞれにメリット、デメリットがあり、要望によってどちらがいいかは大きく異なります。

 

そこで今回は、失敗しない工務店選びのポイントをご紹介します。

 

いい工務店の傾向や、メリット、デメリット、見極め方、さらには時間をかけずにいい業者を見つける方法もご紹介します。

 

工務店選びでお困りの方はぜひ参考にしてください。

 

工務店とハウスメーカーの違いは?

 

工務店は、規模が小さく、限られた地域で住宅関係の様々な業務を行っている業者です。

 

 

ハウスメーカーと違い、全国展開をしていないため、

  • 地域の特性を知り尽くしている
  • 柔軟な対応ができる
  • 地域での実績が分かりやすい

といった違いがあります。

 

 

工務店の業務内容は多岐に渡っており、

  • 新築住宅(注文住宅、規格住宅)の建設
  • 建売
  • マンション(内装、外装工事)
  • リフォーム
  • 解体
  • 店舗工事

などがあります。

 

 

ハウスメーカーでは、これらが部門別となっているため依頼によって部署が変わります。

 

しかし、工務店の場合は社として一括して行っているため、専属業務を見極める必要があります。

 

 

例えば、

  • リフォームの実績が多く、新築は少ない
  • 複数の業務を平均的に行っている
  • 大手ハウスメーカーの下請けとしての実績が多い

といったように、工務店といっても様々な工務店があるのです。

 

 

また、自社完結できる工務店もあれば、業務を細分化し下請け業者に委託している工務店もあります。

 

このような違いがあることから、工務店というくくりの中でもかなり差が開くため、失敗しない家づくりのためには、いい工務店かどうかを見極める必要があるのです。

 

工務店のメリット・デメリット

 

一般的な工務店のメリット、デメリットについてご紹介します。

 

ここで紹介するものは、あくまで「傾向」であり、規模によって異なる部分もありますが、工務店のメリット、デメリットを正確に把握することで失敗のリスクを抑えることができます。

 

ぜひ参考にしてください。

 

工務店のメリット

 

実績、評判の信憑性が高い

工務店は地元での口コミが命です。

 

相談、要望に対する対応、メンテナンスの配慮など、評判の良さが経営に直結します。

 

そのため、地域での実績や評判はかなり信頼できる情報になります。

 

担当者が変わらない

大手ハウスメーカーでは担当者がコロコロ変わる場合もありますが、工務店ではほとんどありません。

 

少人数で業務を行っているため、担当者の変更がないのです。

 

また、社長自ら担当してくれる場合もあり、不安を少なくすることもできます。

 

社員の指導も社長自ら行っている場合も多く、ベテランの担当者にあたる確率が高いこともメリットの1つです。

 

最初の相談から、アフターサービスまで同じ担当者が行ってくれる場合が多いため、要望もしやすく、良好な関係が築けやすいといったメリットもあります。

 

要望を取り入れてくれる

ハウスメーカーと比べて施工の制約が少ないため、要望を取り入れてくれやすいです。

 

柔軟な対応力といった面では、ハウスメーカーと比べてかなりポイントが高いです。

 

見積書や料金形態が分かりやすい

見積書や料金形態が明確になっているため、追加の費用が発生しにくく資金計画が立てやすいです。

 

ハウスメーカーの場合は、「標準仕様」「一式」という形で記載される場合がありますが、工務店では内訳がはっきりしているため、コストダウンの要望がしやすい点も魅力です。

 

また、口頭で丁寧な説明もしてくれるため、納得して依頼をすることができます。

 

同一条件なら安い、同じ価格なら質がいい

工務店は広告費、販促費をかけていないので、同じ条件なら圧倒的に価格が安くなります。

 

そのため、同じ予算であれば設備や素材のグレードを上げられる可能性もあります。

 

 

このように、顧客と向き合って、思いやりのある対応ができ、価格を抑えることができる点が工務店のメリットです。

 

これらの積み重ねが地域での実績、口コミに直結しているため、大手ハウスメーカーと比べて、いい工務店が見つかりやすい傾向があります。

 

工務店のデメリット

 

対応力に課題

工務店は会社の規模が小さいことが多いため、

  • 施工範囲や条件、工法が限られる
  • 繁忙期の対応が遅い
  • 提携業者が少なく、流行りや人気、最新設備が導入できない

といったケースになる場合があります。

 

モデルルームがない

モデルルームを実施していない場合が多いため、イメージが沸きにくいです。

 

そのため、完成後に「イメージと違った」となってしまう場合があります。

 

また、設備や外構選びのために他社のモデルルームに複数参加しなければならず、時間と手間がかかってしまいます。

 

社長の力量による

規模が小さい分、社長の力量によって家の良し悪しが決まります。

 

情報力はもちろん、資金計画や税金対策も工務店によって大きく開きがあります。

 

また、経験の少ない分野へ取り組む場合には、費用が割高になる恐れも。

 

施工技術の差が出やすい

ハウスメーカーでは同一の素材を用いたり、工法をマニュアル化することで一定以上の品質が保たれています。

 

しかし、工務店では1つ1つ丁寧に作業をしていく分、職人の腕による部分が大きいです。

 

特に下請け業者に委託している工務店はピンキリになるため、独自で調べる手間がかかります。

 

口コミ、評判が少ない

ネット上の情報が少なく、口コミを見つける手間がかかります。

 

苦労して見つけた場合でも、数年前の情報であるケースも多いです。

 

技術は日々、進歩しているので、最新の情報が得られにくいのは非常に大きなデメリットです。

 

また、HPを作成している工務店は増えていますが、いい口コミしかアップしない傾向にあるので、情報の信憑性も乏しいです。

 

アフターサービスに不安

ハウスメーカーと比べても劣る場合が多く、保証内容、保証期間には大きく差が生じます。

 

また、経営基盤がしっかりしていない場合、倒産というリスクもあります。

 

倒産してしまってはアフターサービスを受けることができないため、注意が必要です。

 

このように、会社規模によって施工の幅が狭くなることもあります。

 

また、経営がしっかりしていないと受けられるサービスも受けられなくなる恐れがあります。

 

大切なのは、デメリットをいかにカバーしているかを把握することです。

 

業者によって工夫も異なるため、きちんと情報収集をして見極める必要があります。

 

優良工務店に共通する5つのポイント

 

メリット、デメリットを理解したうえで工務店選びを行う際に、良し悪しを見極めるポイントを5つご紹介します。

 

主な業務が「新築住宅」

 

リフォームや下請けなどの業務を行っている工務店が悪いわけではありません。

 

経営のためには、これらの業務を行う必要も出てくるからです。

 

しかし、大切なのは、あくまで主な業務内容が「新築住宅」であることです。

 

新築以外の業務が占める割合が多いということは、新築一本で経営が成り立っていないということです。

 

 

つまり、

  • 設計力
  • 施工力
  • 技術力
  • 対応力

が不足している可能性が極めて高いということです。

 

 

これらの能力が高い工務店は、自然と新築住宅が占める割合が高くなります。

 

そのため、依頼する工務店の業務内容のウエイトを把握することはとても大切なのです。

 

理念、こだわりがあり、得意分野が明確

 

1つの工務店で様々な得意分野があるというケースはほとんどありません。

 

  • 快適性
  • 価格
  • 機能性
  • 耐久性
  • デザイン

のどこにこだわりがあり、そのこだわりを最大限生かすために得意な分野や工法を確立しているかがポイントになります。

 

いわゆる「ウリ」が明確になっていればいるほど、その業者はいい業者ということができます。

 

営業マンの能力

 

営業マンの能力も家の出来に直結する1つのポイントです。

 

前述の、企業理念、こだわり、得意分野がきっちりといえることは最低ラインです。

 

 

その上で、

  • 他社との違い
  • これまでの実績
  • 豊富な知識
  • 論理的な説明

がきちんとできる場合は、安心して任せることができる営業マンといえます。

 

 

また、要望に対して、

  • 「できます!」とだけ答える
  • 要望がそのまま間取りに反映されてきた

という場合は、信頼してはいけません。

 

 

要望を取り入れることで、ほぼ100%間取りにムリが生じます。

 

快適性や機能性、コスト面のどこかで必ず問題が発生するのです。

 

優秀な営業マンはこれらを隠さずに伝えます。

 

 

  • 要望を取り入れることでどんな問題が起きるか
  • どの場所に問題が起きるのか

これらが即答できる営業マンはとても信頼することができます。

 

 

さらに、

  • 要望を踏まえて改善案が言える
  • 代替案を提示してくれる

といった営業マンは非常に優秀であるといえます。

 

 

長年に渡り、キャリアを積み、実績、経験を兼ね備えている営業マンはこれらを当たり前のように行うことができます。

 

そのため、見極める際にちょっと無理な要望や提案をすることも、非常にいい作戦であるといえます。

 

自社完結可能

 

設計から施工までを自社完結できる工務店は優良工務店です。

 

 

逆に、

  • 契約は工務店
  • 設計は提携している別の業者
  • 施工は下請け業者

としている場合は、少なくとも人件費のピンハネが発生しています。

 

 

つまり、支払った価格以下の人件費で施工を行っているということです。

 

施工する業者も賃金が下がるほど質の悪い職人を使いますよね。

 

やはり、いい家にするためには、質の良い職人さんが必要不可欠です。

 

また、このように他社に委託をしている場合は思わぬトラブルに発展するケースも多いです。

 

そのため、自社完結できるかどうかをきちんと把握するようにしましょう。

 

アフターサービス

 

ハウスメーカーと比べて劣る場合が多いですが、工務店ならではのサービスがあることも事実です。

 

 

例えば、

  • ちょっとした修繕であれば無料
  • メンテナンス期間が短く、内容もわかりやすい
  • 保証外の場合にかかる費用が安い

と、ハウスメーカーにはないアフターサービスを設定している業者もあります。

 

 

これらは工務店の家づくりへの自信の表れであるといっても過言ではありません。

 

すべてを満たした工務店以外がダメというわけではありませんが、アフターサービスの充実度も工務店の良し悪しを図るポイントです。

 

優良工務店の探し方

 

これらの条件を満たす工務店を探すのには、かなりの時間と体力、そして運が必要になります。

 

そのため、途中で妥協して工務店を決めてしまうといった方も正直なところ多く耳にします。

 

お仕事をしていて時間が取れない。

 

子供の面倒を見ないといけなくて、長時間の打ち合わせができない。

 

という方もいらっしゃると思います。

 

そんな方におすすめなのが、「業者一括比較サービス」です。

 

この比較サービスは、自宅でたった5分の入力をするだけで、複数業者の比較が同条件でできるサービスです。

 

登録されている業者も、国家基準をクリアした優良企業のみなので、質の高い家造りが可能になります。

 

各業者から得られる情報も、間取り図、土地情報、資金計画書とボリューム満点!

 

手っ取り早く情報収集したい方に、とってもおすすめですよー!